中道みさき プロフィール
 

1993年、大阪生まれ。2歳よりヤマハに通い、4歳でピアノを始める。

10歳でドラムを始め、小学生の頃にピアニスト上原ひろみに強く影響を受け、ジャズドラムを本格的に始める。

12歳よりドラマー荒巻敬司氏やLarry Marshall氏に師事。中学以降はジャズドラマーとして数々のセッションやユニットに参加。
様々なアーティストと共演。


中高生の時に、自身のバンド「あきは・みさき・BAND」を結成し、以降そのバンドでの活動にて横濱Jazz Promnadeジャズコンペティション2010にてバンドでグランプリ受賞、また個人ではベストプレイヤー賞を大会最年少で受賞。
また、同年には金沢Jazz Streetコンペティションにてバンドでグランプリを受賞。

その後、韓国・仁川やアメリカ・ニューヨーク(桜フェスティバル)に招待され海外での演奏を経験した。

2012年には、北海道グルーブキャンプに参加し、タイガー大越氏に認められ、バークリーアワードを受賞。
その年のバークリーサマープログラムに全額奨学生として参加。

和歌山大学に進学後 約1年間、関西のジャズクラブ等で定期的に演奏。

翌年、バークリー音楽大学よりフルスカラシップ(全額奨学金)を受け、2013年より単身渡米、ボストン『バークリー音楽大学』に入学。
テリリン・キャリントン、タイガー大越、ダニーロ・ペレス等、世界の一流アーティストから高度な音楽教育を受ける。

2015年にはアメリカのYamaha Young Performing Artists Jazz Winnerに選ばれ、インディアナ州で演奏。

その後、4年制のバークリー音楽大学を飛び級にて3年間で学位を取得し、第3主席として優秀な成績を修め卒業。

卒業後はニューヨークへ拠点を移し、マルチドラマーとして精力的に活動中。